ちゃんぽん さらしな Part2

2017年2月10日

和歌山市毛見65-5

ちゃんぽん さらしな

 

毛見のトンネルの南にある人気のちゃんぽん屋さん。

久しぶりにさらしなさんにお邪魔してきました。

駐車場は店舗横に数台分と少し離れた場所にも確保されています。

席数は約22席。

カウンターと小上がりとテーブル席で構成されています。

テーブルは二人用が基本になっていますので少し狭い印象。

創業から50余年の老舗のお味は、地元民にとどまらず

他地域の方もわざわざ訪れるほどの人気です。

メインのちゃんぽんの種類が豊富な点がお店の特徴。

具材を選択してから、スープをオーダーする流れです。

お店の看板メニューがオロチョン。

その言葉の由来と意味は定かではありませんが、いわゆる

唐辛子ベースの辛いスープという理解でいいと思います。

新しいセットメニューも発見しました。

ひょうたん状の器で、ちゃんぽんとご飯物をセットにしています。

ちゃんぽんだけじゃ物足りないけど、それぞれを単品でオーダー

するとボリューム的にしんどいと感じる人には重宝されそう。

ランチタイムには日替わり指定されたちゃんぽんが100円引き。

この他に大盛り系のメニューなど、色々と盛り沢山でしたよ。

豚ひかえめオロチョン(720円税別)

具材は豚、スープは控えめオロチョンを指定しました。

豚以外にも沢山の野菜などが使われていて非常に具だくさん。

控えめオロチョンですが、それでもスープは赤みがかっていて

かなり攻撃的な印象です。

スープはこんな感じで、控えめでも唐辛子がちらほらと確認できます。

辛さにそれほど強くない人ならこのくらいで充分に刺激的な

味わいを楽しめると思いますよ。

麺はもっちり系のストレート。

油断して一気にすするとオロチョンが気管を容赦なく刺激して

咳き込むこと必至(笑)

最初は辛さの加減を確認する意味でも、慎重にすするように

した方がよろしいかと思います。

猛者になると地の果てオロチョンなる最高峰のオロチョンを

涼しげな顔で平らげるらしいです。

私達がその領域に達することは永遠にないとだけは断言できます(笑)

カツ丼&ちゃんぽん(850円税別)

新発見のセットメニューからこちらをオーダーしてみました。

スープは味噌ベースに少しニンニクと唐辛子が加わった

エネルギーを選択しましたよ。

サイズは若干小さめのはずですが、感覚的には普通サイズと

それほど違いがないような印象でした。

オロチョンスープとは異なり、味噌のまろやかさがベースになって

穏やかな味わいでした。

じっくり味わうと遠くににんにくの風味も嫌味なく感じられます。

個人的にはオロチョンに匹敵する美味しさだと思いました。

そしてカツ丼さんです。

揚げたてのカツの上に溶き卵が注がれていて

ビジュアル的にも申し分なしの出来。

カツが何気にいいんですよね。

玉子がカツに馴染んだ最高の状態をいただきました。

これも美味しい。やってくれたな!って感じですよ(笑)

オロチョン焼きそば(620円税別)

調子にのって焼きそばもいっちゃいました!

その名も、オロチョン焼きそばでございます。

名前から想像できるかと思いますが、つまり辛い焼きそばです。

オロチョン指数は指定できませんが、辛さはそれほど強烈

ではありませんから安心です。

オロチョンとソースの絡み具合が秀逸すぎて

一番びっくりした美味しさでしたよ。

辛いけど甘い。甘いけど辛い。どっちやねん!(笑)

めっきりご無沙汰していましたが、美味しさは相変わらずでした。

全メニュー(地の果てオロチョンは除く)を制覇したくなりました

のでこれからは訪問頻度をUPしたいと思います。

ご馳走様でした。

 

前回の記事はこちら↓↓↓

 

最上位オロチョンの名前に相応しいのは

スペースオロチョンって人は↓↓↓をクリック!

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ

ゴットオロチョンって人は↓↓↓をクリック!

 

営業時間

・11:00~15:00 17:00~24:00

定休日

・無休

駐車場

・有