ピッコロ西洋食舎

2018年8月13日

和歌山市友田町3丁目52

ピッコロ西洋食舎

 

和駅前交差点から約50m北進。ゴトウ本店手前を左折して約150m。

今回はピッコロ西洋食舎さんに初訪問です。

専用の駐車場はありません。付近にCPが沢山ありますので

お車の方はそちらを利用することになります。

4人掛けテーブル2卓とカウンター席が約10席の隠れ家的な

お店でした。

メニューの一部を紹介します。

ジャンル的にはイタリアンになるのかな。

聞くところによると牡蛎が主軸になっているお店らしく

色々なお料理を提供されているようですね。

この他に創作料理的な単品メニューなども色々とありましたよ。

そして、今回オーダーしたのがこちらのコースメニュー。

前菜・パスタ・メインそれぞれに3種類のメニューがあって

その中から1点ずつチョイスするシステムでした。

夫婦の特権で、それぞれ異なる内容でオーダーしてみました。

Prefix Course(2,980円税別)

前菜は、季節の野菜グリル パルマ産生ハム添え。

生ハムのコクや甘みが鮮明に感じられる一品。

茄子・小茄子・パプリカ・獅子唐・ヤングコーン・オクラなど

きっちりとグリルされていて素材のお味が引き立っていました。

もうひとつの前菜は、炙りサワラのカルパッチョ バルサミコソース。

小さなトマトが目立ちすぎていて、サワラの存在感が薄れがち(笑)

しかし、サワラの分量はかなり多めでした。

炙り加減も非常に繊細で、ほとんど生に近い状態。

タタキと表現する方が分かりやすいでしょうか。

トマトと一緒にいただくと、バルサミコ酢の酸味といい感じに

融合してフルーティーな甘さが醸し出されます。

とてもお洒落なお味でしたよ。

次にパンがサーブされました。

軽く焼き色がつけられて、オリーブオイルが施されていました。

パスタその1は濃厚チーズのカルボナーラ。

分量的に控えめですが、タイトル通りに濃厚なカルボナーラでした。

複数のチーズが使用されていて、口どけの違いが楽しめます。

ジューシーなベーコンもなかなかのもの。

まったりとした濃厚な味わいを堪能させていただきました。

パスタその2は釜揚げシラスと大葉・水菜のアンチョビオイル。

こちらはあっさり系のお味。

カルボナーラの味わいとの対比が鮮明でした。

大葉の爽やかな風味と水菜のシャキシャキした食感が実に美味。

どこか遠いところに、シラスのちょっとした魚特有の癖が

見え隠れしていて、いい意味でアクセントとなっていました。

メインその1が牛ハラミのロースト わさびソース。

ハラミ大好きな私達にとっては夢のようなメインでした。

たっぷり100g以上はあったと思います。

一口サイズにカットされているので、ナイフを使わず

お箸でいただきました。

わさびソースがいい仕事してましたよ。

口に含んだ瞬間に一瞬だけ鼻腔を抜ける独特の風味を感じますが

次の瞬間にお肉の味わいにスライドします。

適度な噛み応えがあって、こちらも納得の美味しさでした。

その2、京都竜次郎豚スペアリブのグリル 野菜トンコツソース。

こちらも立派な一品でしたよ。

大振りのスペアリブが二本、お皿にドカンと横たわっていました。

想像以上に丁寧に加熱されていたようで、骨は指先で軽く

分離できちゃいました。

あとは喰らいつくだけです!ほとばしる肉汁を存分に堪能しました。

お肉のプルプル感が至福。この質感と美味しさには参りました。

初めてのピッコロさんでちょっと贅沢なディナーを楽しみました。

気になるメニューもありますし、ランチも気になりますので

次回はお昼にお邪魔してみようと思います。

ご馳走様でした!

 

メインはどっちにしますか?

ハラミって人は↓↓↓をクリック!

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ

スペアリブって人は↓↓↓をクリック!

 

営業時間

・11:30~15:00 18:00~ラスト

※月~金曜日のランチは休みとの事ですが電話で要確認。

定休日

・日曜日、祝日

駐車場

・無

TEL

073-422-6408