花水木 Part2

2017年2月10日

和歌山市四番丁1

おうどん 花水木

 

久しぶりの花水木さん。

美味しいおうどんを食べたくなったらこの店です。

過去記事と重複しますが店内はこんな感じ。

非常に上品なカウンター席のみで約12席の小さなお店です。

今回オーダーしたのは月替わりのメニュー。

定食にすると炊き込みご飯とお漬物が加わります。

温かいおうどんから肉うどんをオーダーしました。

追加でとり天のハーフもお試しでオーダーです。

煮ごぼうとちょっと野菜の天ぷらうどん定食(1,130円)

見てくださいこのボリュームを!

お値段的には1,000円を超えますが、クオリティーとボリュームを

考えれば納得ですね。

先ずはおうどんに別盛りされている刻みネギを投入します!

質素だったビジュアルが一瞬にして華やかに感じられるマジック。

お出汁がいつもながらの優しい美味しさ。

イリコの風味が嫌味なく活かされていて本当に癖になるお味です。

天ぷらがこの状態で提供されます。

予想に反してボリューミーだったのでびっくりしました。

煮ごぼうが秀逸!柔らかさと独特の風味がうどんと相性抜群です。

人参と里芋とレンコンの天ぷらも、これまた美味しくて相変わらず

花水木さんは期待を裏切らないお店だと再認識しました。

小鉢はブロッコリーと玉子のサラダ。

画像の右は玉ねぎのマリネ。 左は赤カブと大根のお漬物。

いつもながら色使いが上品で、センスの高さを実感します。

そして、この日はキノコの炊き込みご飯でした。

きのこの穏やかな香りが主役のおうどんを引き立てています。

手に馴染むお茶碗がこれまたお洒落。

美味しい、お洒落、ボリューミー。三拍子揃った見事な定食でした。

肉うどん(980円)

もう一品がこちらの肉うどん!

いりこの箸おきがユニークでしょ(笑)

前段のおうどんとの違いはお分かりでしょうか?

お肉の有無は当然ですが、使用されているおネギが異なります。

こういう工夫やこだわりが花水木さんの地味に凄いところです。

お肉もたっぷり使用されていますよ。

程好い甘さがお出汁と良く合っていました。

おうどんは讃岐的なコシもありますが、芯の部分が柔らかめで

メリハリのある不思議な食感なんですよ。

この食感だけは言葉で伝えられるのもではありません。

普段食しているうどんが一瞬にして霞んでしまう程の凄み。

お肉がデーーーン!!(笑)

よーく見ると結構いいお肉を使ってそうですね。

最後までくどさを感じさせることもなく、美味しくいただけました。

とり天ハーフ(300円)

単品でこちらもオーダーしてみました。

ハーフになるととり天が2枚。

大葉と人参とさつま芋の天ぷらも加わりますからこれでも

充分なボリュームですよね。

綺麗に揚がっているでしょ?

とり天は胸肉を使用されていると思われますが、非常に柔らかく

淡白に感じるお味もうどんとの調和ありきで絶妙と言えますね。

にんじんは素材の甘みが活かされていて、臭みなど皆無でした。

うーん、何を食べても完璧と思える味わい恐れ入りました。

今回も満足指数100%。 ご馳走様でした!

 

前回の記事はこちら↓↓↓

 

箸置きのイリコは!

食べるって人は↓↓↓をクリック!

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ

食べないって人は↓↓↓をクリック!

 

営業時間

・11:30~15:00 金曜日11:30~14:30

定休日

・土、日、祝日

駐車場

・有