安喜

2017年2月10日

和歌山市黒田255-7

安喜

 

吉田の高架を東に下って約400m。 

広い通りから1本南側の筋で昔から営業されている中華料理店。

今回は安喜さんに訪問してきました。

店頭には約5台分程度の駐車場完備。

最後にお邪魔したのはかれこれ20年くらい昔になります。

現在はランチ時のみの営業のようで、高齢のご主人と奥様の

お二人で頑張ってらっしゃいます。

席数は約24席。

良い感じに経年劣化した店内は、堅苦しさもなく庶民的な

お店の印象です。

こちらがメニュー。

以上がメニューの全てになります。

以前は夜も営業されていたので、単品メニューなどもあった

はずですが、今はランチに特化した営業スタイルです。

サービスランチ(800円)

先ずはデフォのサービスランチから!

酢豚・とり天・かに玉の構成です。

酢豚は餡が少なめのタイプ。

甘さと酸味の塩梅もいい感じ。

お肉も大きくて結構なボリュームでした。

とり天も適度なサイズのものが数個。

添えられているタレは、ベースがからしなのでピリっと

引き締まったお味を楽しめます。

そのまま食べても、お塩でいただいても美味しいと思いました。

かに玉が特に素晴らしい!

柔らかすぎず、硬すぎず、その質感が絶妙。

かにの風味が活かされていて美味しいんですよね。

単品でオーダーできるなら、追加で2個は食べたかった(笑)

中華スープも美味しかったです。

以上で800円。次々にお客さんがやってきて、示し合わせたように

サービスランチをオーダーしている理由がよく分かりました。

ラーメンセット 焼き飯(680円)

実はこのお店は焼き飯が人気。

メニュー的に焼き飯の単品は見あたらなかったこともあり

ラーメンとのセットメニューでオーダーしました。

焼き飯の色合いは一般的なものと比較すると少し濃い目。

しかし、そのお味は非常に繊細な味付けでした。

しっとり系の部類に属する質感も、この味付けだからこそ

と思える抜群のバランス。

これは確かに美味しい焼き飯でしたよ。

そしてラーメンですが、これがまた地味に美味しい!

スープはシンプルな鶏がら系で、若干しょうがを利かせ気味。

ゴテゴテしていないからこその澄んだ見た目と味わいでした。

小さな焼豚もしっかり投入されていました。

こちらは歯ごたえある質感。

噛むほどに味わいが染み出してきました。

細麺ストレートの茹で加減は、若干緩め。

特に期待していませんでしたが、美味しいじゃないですか!

いや、むしろ美味しすぎる。 このラーメン・・・やっべーぞ!

 

久しぶりの安喜さんは、今もなおその美味しさは健在でした。

無言の接客・子連れ不可・携帯不可等々、そういった噂レベルの

情報も聞こえてはきますが、特に気になりませんでしたよ。

美味しいランチを堪能できて満足できる訪問となりました。

ご馳走様でした!またお邪魔しますね。

 

どっちを選びますか?

サービスランチって人は↓↓↓をクリック!

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ

焼き飯って人は↓↓↓をクリック!

 

営業時間

・11:20~13:30

定休日

・月曜日

駐車場

・有