ブルドッグ

2017年5月25日

burudokku

和歌山市 十二番丁

キッチン ブルドッグ

 

済生会和歌山病院の西隣にある老舗の洋食店。

今回はブルドッグさんにお邪魔してきました。

こちらのお店は日替わり定食が長らく600円とお安く

提供されていることで知る人ぞ知る人気店。

burudokku1

ところが、ついに料金改定をされたようでございます。

諸々のコストの拡大など、これは致し方ないですね。

店内も若干綺麗になっているような気がしました。

雑然と積み上げられていた単行本なども綺麗にまとめられ

人気漫画の額などがあって、少しポップ感が上昇していました。

burudokku2

ハンバーグランチ(700円)

大振りのハンバーグにスパゲティーとキャベツの鉄板コンビ。

長年サラリーマンの胃袋を低価格で満たしてきたのがこのスタイル。

一切の無駄はありません。

burudokku3

ハンバーグのクオリティーも充分すぎるレベル。

お肉の質感もその仕上がりも納得です。

burudokku4

ライスの盛りもギャル曽根でもなきゃ不満はないでしょう(笑)

burudokku5

味噌汁もわかめと豆腐の複合具材で侮れません。

burudokku6

漬物もあります。価格に対する飽くなき探究心が垣間見えますね。

burudokku7

トンカツランチ(700円)

その見事なまでのサイズに脱帽です。

価格改定前はこのサイズで600円だったと考えると

楽な営業ではなかっただろうと推測できますね。

値上げに関しては数十年間に渡って600円を貫いてこられただけに

断腸の思いだったことでしょう。

しかし、このクオリティーで600円を要求するのは無茶ですね。

burudokku8

サービスで、生チョコをいただきました。

パテシエの息子さんが作ったスウィーツが店内で提供される

ようになっていました。

口溶けが優しく濃厚な生チョコでしたよ。

burudokku9

息子さんはスウィーツの注文が入るとそちらを担当しながら

お父さんのサポートをしていました。

いずれ二代目としてお店を背負っていく存在となるのでしょうね。

若き二代目の今後に期待したいところです。

burudokku10

クリームブリュレ(350円)

息子さんの登場で追加されたメニューですね。

お試しで一つだけ注文したにも関わらず、さりげなくスプーンが

2個添えられている小憎らしさ(笑)

おかげで間接キスをせずに美味しく食べる事ができました(爆)

burudokku11

ブリュレ部分は香ばしさと甘さが絶妙。

プリンの爽やかなクリームチーズの風味が食後には最適。

burudokku12

時期的に生チョコは持ち帰る時に溶けちゃうといけないから

もう少し涼しくなってから購入してみたいと思っています。

今後のお店の進化の確認のためにも、再訪したいと思います。

 

Part2の記事はこちら↓↓↓

 

店名の由来は?

飼ってるワンちゃん?って人は↓↓↓をクリック!

にほんブログ村 グルメブログ グルメ情報へ

マスターの顔がブルドック似?って人は↓↓↓をクリック!

 

営業時間

・11:00~17:00

定休日

・土、日、祝日

駐車場

・無